慢性的な肩こりへの整体

最終更新: 3月5日

最初に伝えたいのは肩こりは肩が問題ではない!という事です。


肩こりというのは『感覚』であることをまずお伝え致します。『感覚』というのは脳が身体から受け取っている情報です。つまり、凝っている、とか、突っ張っている、とかではなくて不快な情報を脳が感じている事が原因です。


ではなぜ不快な情報が脳へ伝達するのか?が大切な要素です。


例えば、肩が緊張して血行不良で不快を感じている場合、肩の緊張がなぜ起こるのか?を見抜いてた上で、肩の血行不良を解消する必要があります。この場合は二つの主な原因があります。一つは首が前に出ているから、と手首や腕の捻れているから、です。他にもあるけどこれらが主な原因です。首が前に出ている理由は舌が弱いからだから、舌のトレーニングと位置を正しく指導しなくてはいけません。また頭蓋骨と顎関節、首の骨などが適切かどうかも見定めて調整する必要があります。腕の捻れが原因の場合も同じで腕の捻れを解消し、捻れる原因を患者さんの動作から見定める必要があります。


しかし、これはほんの一例に過ぎません。


食生活の乱れや、定期的に薬を服用することで、肝臓が腫れて硬くなり、血液の循環が悪くなるから肩の緊張と血行不良で不快感を感じることもよくあります。スマホの見過ぎで脳が疲れていても肩が疲れたという間違った情報が伝わることだってよくあります!


大切なのは肩がしんどい、という現象がなぜ起きたのか?を理解することです。肩を揉んだり押したりしても肩こりは殆ど改善致しません。もちろん、揉みほぐせば気持ちいいですし、リラックスできるので慰安が必要な場合もあるでしょうからそれはそれでいいです。その時は気持ちいですけど改善はしませんね。


私が行っている整体は原因を調べ、必要な手当を適切に施すというとてもシンプルな方法です。お客様自身が何を求めているのかをしっかり話し合い、素晴らしい体験をして頂ける様に努めます。





61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示